住宅ローンの減税のポイントは?

住宅ローン減税とは、住宅購入などにかかった借入金の一定の割合分を一定期間の間、所得税から控除出来るというものです。
適用されれば税金がその分安くすむのでとてもお得になりますが誰もがうけられるわけではなく、排除額に関しても住宅に入居した時期によって金額が変わってきます。
減税を受けるためには民間の金融機関などでローンを組み、新規に住宅を購入したり、増改築を行う人が対象です。
ローンの返済期間が10年以内では対象になりません。
また、住宅を購入、改築してから6ケ月以内に入居、年度末も引き続き住んでいること、控除を受ける年の所得の合計が3000万以下であることが条件となっています。
確定申告をする時期ですが、住宅エオーン減税においては「実際に入居した日」を基準としています。
その他の細かい条件としては、床面積が50㎡以上であること。
中古住宅の場合はそれに加えて地震対策など安全上必要な基準が満たされていると認定されたもの。
別荘などではなく、主として居住の為の住居であることなどがあります。