住居を移転とフレッツ光のおはなし

住居を移転したら、住み替えた先の住宅がフレッツ光しか契約していませんでした。
以前から利用していた通信会社を連続して用いたかったのですが、他に選択の余地がなく、契約を交わしました。
月が変わるごとにあることなので前の倍の料金の負担が重いです。
光回線にはセット割が設定してある場合がございます。
このセット割とは、光回線と携帯回線を同じ時に契約するといったもので割引を得られるというサービスです。
この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が見越されております。
引っ越しをした時に別のプロバイダに変えてみたんです。
プロバイダを変更しても、以前のプロバイダとそんなに違いを感じないので、プロバイダを変更して良かったな、と思います。
プロバイダのお金などは2年ごとの更新をする際に考え直すといいのではないでしょうか。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約時に発生する解約金を安めにしたり、契約期間を縮めたりして試用期間を設けるようにすれば、契約の数が増えていくとされます。
値段に魅力を感じても、1年以上の契約の期間があっては、すぐに契約に踏み出せないものです。
転居してきた時に、マンション自体に光回線が導入されていなかったため、申し込みののち工事をしなければなりませんでした。
工事をしにきてくれた担当者は非常に清潔感があり、説明もきちんとしていて通信会社への好感度もアップしました。
フレッツwi-fiが繋がらない場合には、いったんすべての機器の電源をOFFにして最初から接続し直してみるといいと思います。
そうしても接続ができない時には、初期設定を丁寧に見直してみます。
カスタマーサービスに質問すれば理解できるように教えてくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。
毎月請求される光回線の料金は所定の金額を差し引かれているため、殆ど、意識することがないかもしれませんが、携帯などの通信料金と合わせて考えると、毎月かなりの代金を通信費用として支払っていることになります。
複数の選択肢の中から少しでも安い通信料金のプランで契約の申し込みをしたいものです。
次のインターネットの環境として、ワイモバイルを候補としています。
どうせなら得した方がいいので、どんなキャンペーンが行われているのか確認してみました。
ざっくりと目を通してみたところ、他社から乗り換えればキャッシュバックという制度が存在しました。
適用の条件などを調べて、慎重に考えようと思います。