住宅ローン減税は効果がない?

長い人生のうち、家を買うチャンスは2度あると言われていますが、長期金利が低くても賃金が上昇する可能性が低い今、家を建てる人は少ないでしょう。
私は田舎に住んでいますが、すでに高齢化が進み、家があまってきています。
比較的きれいな中古物件が格安で売りに出されています。
若い人は、新築の家より中古物件のほうに魅力を感じているように思われます。
高齢化は、これから首都圏でも進むと思います。
首都圏でも若者は、中古物件のほうに魅力を感じるのではないでしょうか。
したがって、景気が良くなって賃金が上昇しはじめても、新築の家を建てる人は少ないと思います。
住宅ローン減税があることを理由に、家を建てる人はさらに少ないでしょう。
個人的な意見となりますが、住宅市場の回復に「住宅ローン減税」はほとんど効果はないと思います。
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】