住宅ローン審査に落ちる理由のいろいろ

住宅ローン審査に落ちる理由のいろいろ家を購入する時には住宅ローンを銀行に申し込みます。しかし、住宅ローンの審査に落ちる理由を銀行は教えてくれません。住宅ローン審査に落ちる理由の中で一番大きいのが、年齢です。支払いが完了するのが80歳まで出ないといけません。35年ローンが最長ですので、45歳までが住宅ローンの申し込みのチャンスなのです。

もちろん、高所得者であったりするとこの条件は変わる可能性があります。案外いがいなのが、正規社員か非正規社員かで決めている銀行は案外多くはありません。年収、ローン金額、年齢などがから、契約社員でも住宅ローン審査に通るケースもあるのです。

他にも、担保物件の価値、借りる人の健康状態、他の金融機関からの借り入れ状況なども審査になります。収入が多くても、マイカーローンなどで多額の返済を抱えていると審査に落ちます。しかし、この審査は銀行によって違うのです。ある銀行で審査に落ちても、他の銀行では審査に通るケースもあります。