フラット35Sで建てた家は丈夫で住みやすい?

人それぞれ、自分が理想とする家は違ってきます。
小さな子供がいる家庭でしたら、子ども達が伸び伸びと成長するための環境が重要と考えることもありますし、二世帯住宅なら親の将来のことを考えてバリアフリーが良いと思うこともあります。
このように、家族の分だけ理想の家の数がありますが、どんな家族でも「長期間、安心して快適に暮らせる家」というのは理想的な家を作るための前提条件の中にあるものです。
この条件を満たすためには、耐久性や耐震性に優れた家が必要です。
家の土台はもちろんのこと、窓やドア、屋根なども含め、地震や台風といった自然災害に強く、時間が経っても劣化しないような素材選びと設計・建設が重要です。
そして、こうした家を建てるときには、フラット35Sが便利です。
優良住宅の基準をクリアした場合、一定期間フラット35から金利が引かれるのがフラット35Sです。
最近は、建て売り住宅でもフラット35Sの対象となっているものが増えてきています。